Mantam マンタム Ammonite, ktere plavou na mori ペンダント

Mantam

24,840円(税込)

Mantam マンタム Ammonite, ktere plavou na mori ペンダント
アンモナイトの殻を持つ単眼のマントヒヒ頭骨のペンダントヘッド (受動的護符)


3億年前から1億年前迄地球上のあらゆる海域に生息し繁栄を誇ったアンモナイトは
近似種のオウムガイを 除き全て滅びてしまいます。

単眼ゆえ群れからはぐれ自己を守る術を失ってしまったヒヒが崖の割れ目から突出していた
アンモナイトの 殻をみつけ最初はそれに興味をもち殻の下で暮らすようになりましたが

やがて

ヤドカリのように殻にもぐることでで自分の身を守る術を憶えました。

だが長い月日は2つの全く違った存在を一つにし彼は特別な存在として山の守護神となったのです。

しかし予言された洪水の前に単体の生物となっていた彼は箱船に乗る事が出来ず
そのまま水に流されとても長い時間を海 の上で過ごさねばならなかったのです。

それでも彼は自身の運命や神の仕打ちを恨む事はありませんでした。

それはそれ自体が彼にとってとるに足らない意味の無い事だったからです。

つまり母体となって彼を受け入れたアンモナイトは2億年ものときを経ていて人に造り出された神よりも
遥かに年を経た 存在でありあまりにも膨大な時間の前には神すらも無力である事を理解していたからなのです。




サイズ:トップ 約5.5cm×5.5cm/チェーンの長さ約84cm

※転売はご遠慮下さい。
※ご利用の端末ディスプレイにより画像と実物の色味が異なる場合があります。



マンタム

マンタム 田村 秋彦

日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領のマンタム。
実験器具や医療器具、動物の剥製や死骸。様々な骨董を自在に操り、オブジェやアクセサリーなど芸術作品を創作する。
映画や、舞台美術、アートなど幅広い分野で活躍するチェコの巨匠、ヤン・シュバンクマイエルと親交が深く、彼の展示が日本であったときには「ヤン・シュヴァンクマイエル氏への逆襲」展を開くほどの仲でもある。
まだこの世に存在していない「カタチ」を求め、Mantamの創作活動は続く。

作家・ブランドから探す