Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

68,250円(税込)

Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面


Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

Mantam マンタム 鳥の王 聖遺物による防我面

-story-
鳥の王は汚染され飛べなくなった空から堕ち絶滅の危機に瀕した種としての鳥の救世主として生まれた死ねない鳥である。
彼は多くの仲間達をまだ汚染されていない遥か北の空に連れて行くがあるとき鳥の鳴き声を巧みに真似る人の世界からはみ出てしまった少年を仲間と認知してしまう。

少年は飛ぶことが出来ず安全な北の空に連れて行くことが出来なかったので王は少年を守る為に
空を汚染する原因となった人の作った施設を選ばれた478羽の仲間と攻撃し破壊する。
その施設は破壊されたことで人の世界の汚染とそれによる社会の衰退は一気に進み
人はやがてかつての工業力も失いそれによって発展してきた文明も瓦解しゆっくりと自滅の道を辿り始める。

ほぼ全ての文明が崩壊し人は妄信と迷信が支配するとかつて彼ら自身が否定した魔術的世界に住むことになった。
だがその時点でも世界は汚染され続けていてやがて息をすることさえ体を蝕むようになっていた。
なにも頼れるものが無い絶望的世界で人はかつて自分達を滅ぼす契機となった鳥の残骸を集めそれを聖遺物として扱うようになっていた。
このゴーグルはかつて鳥の王と一緒に人を滅ぼすきっかけとなった攻撃に参加した478羽のうちの一羽の頭骨である。
その鳥の気管を通じて空気を浄化し生き延びようとしたその時点での有力者の依頼で錬金術師が作った防毒面である。


この作品は装身具として制作されていますが芸術性が非常に高くデリケートなため、
人が多くいる場所等での使用はさけ、使用される場合は、お取り扱いに十分ご注意下さい。

※転売はご遠慮下さい。
※この作品をお買い上げの際の、お客様の連絡先を作家に連絡させて頂きます。
※作家の展覧会、撮影でお借りさせて頂く場合がございますことをご了承下さい。
※ご利用の端末ディスプレイにより画像と実物の色味が異なる場合があります。
※こちらの作品は5月中にご注文を頂きましても、お渡しは7月上旬以降となります。

マンタム

マンタム 田村 秋彦

日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領のマンタム。
実験器具や医療器具、動物の剥製や死骸。様々な骨董を自在に操り、オブジェやアクセサリーなど芸術作品を創作する。
映画や、舞台美術、アートなど幅広い分野で活躍するチェコの巨匠、ヤン・シュバンクマイエルと親交が深く、彼の展示が日本であったときには「ヤン・シュヴァンクマイエル氏への逆襲」展を開くほどの仲でもある。
まだこの世に存在していない「カタチ」を求め、Mantamの創作活動は続く。

作家・ブランドから探す