カガリユウスケ 何かのパーツ小銭入れ 都市型迷彩

mw04-tt

18,360円(税込)

カガリユウスケ 何かのパーツ小銭入れ 都市柄迷彩

白いパテ革の上にウェザリング加工を施した都市型迷彩シリーズ。
革の上から建築用のパテを塗り、壁のような質感を表現した小銭入れ。
壁が少しずつ劣化し、ひび割れて剥離していくように、使用していくうちにどんどんと変化していきます。
始めは固くなっておりますが、使い込んでいくうちになじんで柔らかくなっていきます。
トップに丸カンのついた何かのパーツのような口金を使用したがま口型の小銭入れとなります。


素材:leather / putty coating
   鉄+メッキ
サイズ:H12cm × W10cm × D5cm
カラー;都市型迷彩
made in japan

在庫店舗:新宿新南口店,新宿東口店,渋谷店


※画像はサンプルです。
塗装をひとつひとつ施しておりますので、
お届けするお品は、色味や風合いが画像とは異なります。

※店舗や他サイトでも販売している作品については、時間差で販売済みとなってしまう場合もございます。
予めご了承くださいませ。

カガリユウスケ

カバン作家。
革にパテを塗る独自の手法で、洗練された退廃性を表現する。

「 カバン = 空間 = 壁 」
作る事。描く事。写真に撮る事。
たぶん全部の手段が自分の目に映した事からしか始める事が出来ないと思うんだ。
都市で生活する以上、ボクには壁が、コンクリートが作り出す空間の連続性が魅力的な風景として目に映る。
巨大なジャンクション。地下鉄の駅。経年変化で様々な柄を得た下町の壁。廃墟。工場。
雨の日の壁の色。様々な風景。
それを自分で作る事が出来たら。
それを持ち歩く事が出来たら。
たぶん、そういう事だと思うんです。


  

作家・ブランドから探す