Mantam マンタム Uzavrete minulost ペンダント

Mantam

34,560円(税込)

Mantam マンタム Uzavrete minulost ペンダント
配管のある頭骨(自己の安定の為の護符)


彼は単眼で生まれそれ故疎まれ排撃され世界を放浪しましたが
場所によっては彼を神とあがめ豪奢な神殿に住まわせようとする国もありました。

でもそれはそうすることによってその国の権力者達が彼を利用して都合よく戦争を始めたいだけだったので
どちらにしても疎ましく彼は世界のあらゆる場所を彷徨う事になりました。

とても寒い場所で1人で過ごしたいと思い氷河を渡りなにもかもが凍り付いた世界にも行きましたが
そんなところにも人は暮らしていてやは り好奇の目でみられるだけのことでした。


そうやってとても長い時間を彷徨い密林に覆われた小さな集落に辿り着いたのですが
そこの住人達は特に彼に関心を持たず話しかけてさえこなかったので彼はそこに暮らす事にしました。


食べるものはその辺の木になっているものを口にすればよかったし
時々は住人達が食べきれない肉や穀物をわけてくれたので彼はようやく落ち着いた暮らしを得れたのです。


だが夜になると彼がこれまで見て来た世界でのあらゆる理不尽で残虐な現実が彼を苦しめるのでした。


抗いようも無い強大な兵器で家を焼かれ逃げ惑う人々や何をしたわけでもないのに権力者達の都合で殺される人達。

親を失った子供達が餓えや病いで死んでくのをどうしても助けられなかった昨日が彼を苦しめたのです。


そうやってながいながい時間彼は苦しみ続けましたがやがて彼にも死が近づいてきました。


彼は死を悟ると僅かなものしかありませんでしたがそれを住人達に分け与え来た道を戻り
かつて彼を保護と言う名目で監禁し様々な実験を繰 り返した大陸の研究施設に向かいました。


そこには良い思い出等何一つありませんでしたが彼の望みを叶えるにはそこしかないと彼は考えたのです。


それは自己の記憶の全てを封印し残す事でした。


彼の記憶の殆どは無惨で悲しいものでしたがそれ故彼は残さなければならないと初めて強く願ったのです。


どれだけ辛い悲しい想いだとしてもそれが避けられない結果だとしてもやはり自身が選んだものであって
その記憶こそが自己そのものだと考えたのです。


彼には家族も友人もそういったものは何一つ無くて誰になにかを残すと言う事ではなくて
そうあり続けた自分を自分の満足の為に封印して残 そうと。


それさえ残せれば後にはもうなにも必要ない 
体を切り刻まれてあらゆる薬品を注入されて ホルマリンにつけられて瓶に詰められるとしても
もう充分に世界とあらゆるものを見て来たし感じて来たしだからそれで良いと考えたのです。


確かに彼は満足していたし後悔もありませんでした。


だから冷たい大きな鉄扉を躊躇なく開く事ができたのです。


おそらくその先で待っているものが無惨な死だとしても。




サイズ:トップ 約3.5cm×4cm×6cm/チェーンの長さ約84cm

※転売はご遠慮下さい。
※ご利用の端末ディスプレイにより画像と実物の色味が異なる場合があります。
※店舗や他サイトでも販売している作品については、時間差で販売済みとなってしまう場合がございます。予めご了承ください。



マンタム

マンタム 田村 秋彦

日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領のマンタム。
実験器具や医療器具、動物の剥製や死骸。様々な骨董を自在に操り、オブジェやアクセサリーなど芸術作品を創作する。
映画や、舞台美術、アートなど幅広い分野で活躍するチェコの巨匠、ヤン・シュバンクマイエルと親交が深く、彼の展示が日本であったときには「ヤン・シュヴァンクマイエル氏への逆襲」展を開くほどの仲でもある。
まだこの世に存在していない「カタチ」を求め、Mantamの創作活動は続く。

作家・ブランドから探す